生命保険選びの解説

夫婦のための生命保険の選び方 - 生命保険選びの解説

生命保険選びの解説 > 夫婦のための生命保険の選び方

夫婦のための生命保険の選び方

夫婦で加入する生命保険は、複数のものをうまく組み合わせてお互いに負担がかからないような選び方をするのが大切です。
個人で加入していた生命保険の場合、自分の親が加入しているものに入ったり自分で選んで加入してきたと思いますが、夫婦で加入する場合には自分だけのことではなくパートナーのことも考えておかなければなりません。

たとえばもしも自分が病気や怪我で入院することになった時など、普段の生活にも負担がかかります。
そこへお金の負担もかかってきては大変ですから、まずは医療保険への加入は必須だと言えるでしょう。
この際にどのくらい保障を厚くしてもらうか悩みどころだと思いますが、これはもしも入院費が高額になる場合も想定して高額療養費制度で支給される額も計算に入れて選ぶようにしましょう。

また、死亡保険も加入しておくことをおすすめしていて、その理由は死亡した後の葬儀代に充てるためです。
死亡後の一番の負担となるのが葬儀代ですから、この部分を補うだけでもかなり負担は軽減するので葬儀代を賄える程度のものに加入しておくといいと思います。

そして、がんが気になる人はがん保険も同時に加入しておくといいでしょう。
これは長期の療養が予測されますので、もしもの時の備えとして加入する人が多いようです。
最後に老後のことを考えた積み立て式の個人年金に入っておくと、夫婦で快適な老後を送ることができます。

このように夫婦で生命保険に加入する場合には複数のものを選ぶことが多いので、その選び方がとても重要になります。
必要なものと不要なものを分けながら、最適なものを探してください。

top